Insonnia

The Persistence of Memory 1931 Tee

¥9,800
Size:
色:
Quantity:


SIZE BODY LENGTH SHOULDER WIDTH BODY WIDTH SLEEVE LENGTH CM
1 73 45 50 17.5
2 76 49 55 18.5
3 78 53 60 20

 

記憶の固執は、サルバドーレ・ダリによって、1931年に制作された油彩作品です。
ダリ初期の作品であり、ダリの代表作である。
記憶の固執は「柔らかい時計」や「溶ける時計」と呼称される事もあります。

「柔らかい時計」や「溶ける時計」とも言われ、シュルレアリスムの代表的な作品として頻繁に引用されています。

描かれている3つの時計の時間が異なることは、現在の記憶と過去の記憶が入り乱れる無時間を表現しており、これこそダリが、シュルレアリスム運動に参加しており、その理論ゆえの作品と考えられています。

右上に描かれている岩場は故郷スペインのカタルーニャ・カダケスにあるクレウス岬であり、手前に描かれている3つの溶ける時計は、キッチンで妻のガラが食べていたカマンベールチーズが溶けていく状態を見てインスピレーションを得て描いたものであることをダリ本人が語っています。

ダリには、「柔らかいもの」、「硬いもの」両極への執着があり、その両極が表現された作品となっています。

The Persistence of Memory is an oil painting produced by Salvador Dali in 1931.
It is an early work of Dali and a masterpiece of Dali.
The Persistence of Memory is sometimes referred to as a "soft clock" or a "melting clock."

Also known as a "soft clock" or a "melting clock," it is often cited as a representative work of Surrealism.

The difference in the times of the three clocks depicted expresses the timelessness in which the memories of the present and the past are mixed, which is why Dali participates in the Surrealist movement and is due to its theory. It is considered a work.

The rocky area in the upper right is Cap de Creus in Cadaques, Catalonia, Spain, and the three melting clocks in the foreground show the Camembert cheese that my wife Gala was eating in the kitchen melting. Dali himself says that it was drawn with inspiration when he saw it.

Dali has an obsession with both "soft" and "hard" poles, and this work expresses those two poles.

You may also like

Recently viewed